自動車税|13 年経過した車の税金の金額と高額になる理由

スポンサーリンク
自動車税
スポンサーリンク

始めに

平成27年の5月から、年式の古い車には重い税金が課されることになりました。具体的には、13年越え以上の車に概ね15%程度の負担が課せられます。「具体的にどの程度税金が高くなるのか?」「自分の車は対象なのか?」など疑問をお持ちの方も多いと思います。
そこでこの記事では、13年越えの車への重課について詳しくご説明いたします。

スポンサーリンク

どの税が割増するの?

自動車にかかる税の概要

自動車の所有者に課される税金には、自動車税、軽自動車税、自動車重量税などがあります。
13年越えの車に重い税金が課されるのは車の所有者に対する税金のうち「自動車税」と「自動車重量税」です。

13年の起算点

では、13年経過したかどうかはいつから計算されるのでしょうか。
この点は普通車の場合と軽自動車の場合で異なり、普通車の場合は「初度登録年月から12年11ヶ月経過後以降に車検を受けた時点」で13年経過、軽自動車の場合は「初度検査年から13年を経過した年の12月以降に車検を受けた時点」で13年経過とされています。
「初度登録年月」とは、車が初めて登録と検査を受けた年月のことで、車検証に記載されていますので、自分の車検証を見て確認するとよいでしょう。
なお、ディーゼル車は11年超で増税の対象となります。

スポンサーリンク

なぜ13年目で重課されるのか?

増税の趣旨

そもそも、なぜ13年目を過ぎた車に増税が課されるのでしょうか。
政府は環境性能に優れた車の製造と利用を推奨しており、それを推進するために環境性能に優れた車については税金を優遇する「エコカー減税」も導入されています。13年目を過ぎた車に税金を重ねて課す趣旨は、環境性能に劣る車の買い替えを促すとともに、税収の均衡を図るためのものだと考えられます。

どうして13年目なのか

では、なぜ13年目という基準が設けられたのでしょうか。あくまで憶測に過ぎませんが、次の2つが考えられます。

自動車の安全性

一つは、自動車の安全性です。
自動車の安全性能は日進月歩で改善されており、13年前の車と現在の車では安全性に大きな差があるのが事実です。また、製造から期間が経過した車は金属や機械の劣化による安全性の低下も見られます。
そこで、一定の期間が経過した車の使用は安全の確保の観点から避けた方がよいという考え方が重課の背景にある可能性があります。
13年という期間については、平均的な走行距離等から算出されたという憶測がなされています。

買い替えを促す説

もう一つは、車の積極的な買い替えを促す趣旨だという説です。
自動車産業は日本の主要な産業の一つであり、車の買い替えのペースは国家の経済と国民の消費活動において無視できないインパクトを持ちます。ところが最近の車は性能の向上により購入からある程度の期間が過ぎても問題なく使用できるようになっており、買い替えのペースが鈍っているため、重課によって買い替えを促しているという説です。
これはあくまで憶測にすぎず、どこまで信頼できるかは確かではありません。

スポンサーリンク

ハイブリッドカーは適用外!!|グリーン化特例、エコカー減税

続いて、重課の適用外になるケースについて解説いたします。

グリーン化特例

グリーン化特例とは、一定の期間中に対象車両の新車新規登録等を行うと、その年度の翌年度分について特例措置が適用されるものです。
軽減されるのは自動車税および軽自動車税です。

エコカー減税

エコカー減税とは、排出ガス性能や燃費性能などの環境性能に優れた自動車に対して、自動車重量税と自動車取得税を免税・軽減するものです。減税対象車について一定の期間中に対象車両の新車新規登録等を行うと、特例措置が1回限り適用されます。
対象となる税金は自動車重量税と自動車取得税で、自動車税は対象となりません。
税金の減税率は、「2020年度基準」という基準に対してプラス何%を達成しているかによって決まります。

どのくらいお得になるか?

では、実際にどれくらいの減税を受けることができるのでしょうか。
エコカー減税とグリーン化特例の両方が対象となるあるハイブリッドカーを例にとると、車両重量税、自動車取得税、自動車税について免税、あるいは減税が適用され、合計で9万円以上の減税が適用されることになります。

スポンサーリンク

自動車重課税の月割の金額は?

自動車重課税の金額表

続いて、月額の重課税の金額の調べ方についてご説明します。
月額の重課税は車種と登録月によって決まりますが、具体的な金額は次の表から確認することになります。

表の見方・具体例を一つ書く

たとえば、自家用の自動車で排気量が2.3Lだった場合の年税額は51,700円となります。仮に9月に登録がされたとすると月割分は年税額の6か月分で25,800円となります。

スポンサーリンク

重量税の金額は?

重量税の金額表

次に、重量税の金額についてご説明します。
重量税の金額は次の表から確認することになります。
https://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikumi/zyuuryouzei.pdf

表の見方

上記の表の見方ですが、まず「1年自家用」か「2年自家用」かで区別されています。詳しい説明は割愛しますが、ご自身の車が「1年自家用」か「2年自家用」かは、車のナンバーのひらがなの右にある3桁の数字の最初の桁で判断することができます。「124」なら1年、「357」なら2年となります。
車体重量が1.2トンの1年自家用車の場合、13年が経過していれば平成28年3月31日までは32,400円、平成29年4月1日以上は34,200円となります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。
古い車を大切に乗るということは素晴らしいことである一方、税金の支払いという面では不利益が大きいということがお分かりいただけたと思います。まずは自分の乗る車が重課の対象となるのかどうか、なるとしたらどの程度の負担が課されることになるのか理解するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました