ノンアルコールビールを飲んで運転したら飲酒運転になるの?

スポンサーリンク
ノンアルコール 点数・罰金

飲酒運転の規制強化に伴って居酒屋やコンビニエンスストアで人気を集めているノンアルコールビールですが、「ノンアルコールビールならアルコールがゼロだから飲んで運転しても大丈夫」というのは実は正確ではありません。ノンアルコールビールでも大量に飲んでから運転すると飲酒運転になってしまう場合があるからです。

今回は、ノンアルコールビールを飲んで運転しても大丈夫なのか、ノンアルコールビールの選び方などを詳しく説明します。

スポンサーリンク

ノンアルコール飲料とは

そもそも、ノンアルコール飲料とはどのようなものなのでしょうか。

 ノンアルコール飲料の定義

酒税法ではアルコール分1度以上の飲料を「酒類」と呼んでおり、販売や製造を規制しています。逆にいえばアルコール分が1度未満の飲料は酒類には該当しません。これがノンアルコール飲料です。

したがって、ノンアルコール飲料とは「アルコール分を一切含まない飲料」のみを指すのではなく、アルコール分が0.9%の飲料もノンアルコール飲料の一種ということになります。

日本で販売されている代表的なノンアルコールビールには、「オールフリー」、「アサヒドライゼロ」、「ブローリープレミアムラガー」、「ヴェリタスブロイ」などがあります。

また、ノンアルコールビール以外のノンアルコール飲料としてチューハイの味を再現したサントリーの「のんある気分」などがあります。

ノンアルコールビールにもアルコールが含まれている場合がある

ノンアルコールビールはアルコール分が「0%」あるいは「0.00%」などと表示されていますが、実はこの点に注意が必要です。

アルコール分は1度未満の端数は切り捨ててよいとされており、「0%」と表示されている商品には多いときで0.9%のアルコール分が含まれている場合があるからです。

事実、「ブローリープレミアムラガー」のアルコール分は「0%」と表示されていますが、実際には0.9%のアルコール分が含まれています。「ヴェリタスブロイ」のアルコール分の表示は0.0%ですので、微量ですがアルコールが含まれている可能性があります。

「オールフリー」、「ドライゼロ」はアルコール分0.00%と表示されていますので、事実上ゼロと言ってよいでしょう。

スポンサーリンク

ノンアルコールへの警察の対応

ノンアルコールビールを飲んで車を運転したら警察に検挙されるのでしょうか?

飲酒検問の基準

警察の飲酒検問では呼気中にどれくらいのアルコールが含まれているかが測定され、呼気中アルコール濃度が0.15mg/lを越えると「酒気帯び運転」の検挙の対象となります。血中アルコール濃度に換算すると0.3mg/mlにあたります。

これは純アルコール20gを飲んだときの血中アルコール濃度に相当し、ビールでいえば中瓶1本程度の量を飲むと基準に達します。

自分でできるアルコールチェッカーは下記のようなものがあります。

 

一般的なビールのアルコール分は5%程度ですので、アルコール分0.9%のノンアルコールビールであれば中瓶5本以上飲むと酒気帯び運転の検挙の対象となる可能性があります。

「オールフリー」や「アサヒドライゼロ」はアルコール0.00%ですのでどれだけ飲んでも問題はありません。

道路交通法で規制されている飲酒運転には酒気帯び運転のほかに「酒酔い運転」があります。

これは呼気中のアルコール濃度にかかわらずアルコールの影響によって車の運転に支障をきたしている状態をいい、警官とのやり取りがうまくできない、まっすぐに歩けないなどの症状があると酒酔い運転として検挙の対象となります。

したがって、お酒に弱い方であれば酒気帯び運転の基準に達していなくても酒酔い運転の検挙の対象となる可能性があります。

ノンアルコールビールに含まれているアルコール分で酩酊してしまうようなお酒に非常に弱い方や、体調が悪く微量のアルコールでも体調が悪くなってしまうような方はノンアルコールビールを飲んだ後に車を運転するべきではありません。

ノンアルコールビールを飲みながら運転したら?

ノンアルコールビールを飲んだ後に運転することは基本的に問題ないと説明いたしましたでは、ノンアルコールビールを飲みながらの運転することは法律的にどうなのでしょうか。

ノンアルコールビールの缶は通常のビールの缶と似たデザインで作られていることが多いので、車内で缶を持っている様子を警察官に目撃されれば呼び止められて確認を求められる可能性が高いでしょう。

とはいえ、ノンアルコールビールを飲みながら運転すること自体は法律的に問題ありませんし、仮に呼び止められたとしてもノンアルコール飲料であることを証明できれば問題ありません。

スポンサーリンク

飲酒運転をしないためのノンアルコールビールの選び方

日本の大手メーカーのノンアルコールビールなら問題はない

ノンアルコールビールにもアルコールが含まれている場合があると知って心配になった方もいらっしゃるかもしれません。ほとんど考えられないケースではありますが、ノンアルコールビールを飲んで飲酒運転で検挙されることを確実に避けるためにはどうすればよいのでしょうか。

すでに説明したとおり、アルコール分が「0%」と表示されている場合は微量のアルコールが含まれていることがありますので、アルコール分が「0.00%」と表示されている商品を選ぶようにしましょう。

アサヒ、サントリー、キリンといった日本の大手ビールメーカーが販売している「ドライゼロ」「オールフリー」などのノンアルコールビールは飲んでも運転能力に影響がないことが確認されている場合が多く、ほとんどが「0.00%」と表示されていますので、これらの商品を選んでおけば問題ありません。

飲食店でノンアルコールカクテル等を飲む場合

飲食店では瓶入りのノンアルコールビールの他にノンアルコールカクテルが販売されていることがあります。この場合はグラスなどで提供されるため、アルコール分が本当にゼロなのか目で見て確認することができません。

そこで、お店に直接確認を取るか、念のために飲んだ後しばらく時間が経ってから運転するとよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。ノンアルコールビールにも微量のアルコールが含まれている場合がある、ということをご存じなかった方も多いのではないかと思います。

ノンアルコールビールを飲んで飲酒運転とされるのはよほどの量を飲まない限り現実的ではありません。しかし、体質や体調によっては量がわずかでもアルコールを含む場合は飲酒運転に発展する可能性があります。ノンアルコールビールを飲んだ後に車を運転する際には、念のためアルコール分に注意するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました