車庫証明の取り方、申請方法を徹底解説【意外と簡単!】

スポンサーリンク
車庫証明車のメンテナンス

新車や中古車を購入する際に必要な車庫証明ですが、自分でとれることをご存知でしょうか。

ディーラーや業者にお願いすることも多いですが、代行してもらうと手数料がかかってしまいます。

手数料はおよそ5,000円〜10,000円ほどかかることが多いです。
そのため、時間に余裕があるのであれば自分で車庫証明を取得したいですよね。

そこでこの記事では、車庫証明の取り方や申請方法を徹底解説します。
簡単に読めて、自力で車庫証明が取れるようになるので、ご一読ください。

スポンサーリンク

そもそも車庫証明とは

そもそも車庫証明が必要なことは分かっていても、何のための書類なのでしょうか。
申請をする前に確認しておきましょう。

車の保管場所を証明する書類

車庫証明とは、車の保管場所を証明するための書類です。正式名称は「自動車保管場所証明書」。

車庫証明が必要な理由は、大きく分けて2つです。

①道路以外の場所を自動車の保管場所として確保し、道路交通を円滑にするため
②自動車登録申請を行う際に、車庫証明書を添付する必要があるため

簡単に言うと、交通安全と管理のためですね。

虚偽の申請をすると、法律違反になるので注意が必要

また、車庫法という法律では、「自動車の保有者等に自動車の保管場所を確保し、道路を自動車の保管場所として使用しないよう義務づける」とされています。

保管場所をきちんと確保することが法律で決められているのですね。

また、虚偽の申請をすると「車庫飛ばし」という行為にあたり罰則があります。

虚偽の保管場所証明申請をしてしまうと、20万円以下の罰金が課されるので注意が必要です。

スポンサーリンク

車庫証明をとるのに必要な条件とは

取得することが必須な車庫証明ですが、取るためにはいくつか条件があるので紹介します。

駐車場、空き地など、道路以外の場所である

当たり前ですが、申請する場所は駐車場や空き地など、道路以外の場所でなくてはなりません。

そもそも道路を保管場所にしないための車庫証明なので、守るようにしましょう。

使用の本拠地(自宅など)から2km以内である

車庫は使用の本拠地から2km以内と決められています。

戦後まもなくは500m以内でしたが、駐車場の立地の問題もあってか2km以内となりました。

車が通行できる道路から支障なく出入りができ、かつ車体全体が入る

やはり交通を妨げないように、車体全体が入ることが条件になっています。

駐車場を契約する前に、きちんと車体がはみ出ずに入るか確認しておくとよいでしょう。

保管場所として使用する権限をもっている

車庫の申請するには、場所に関する権限が必要です。

例えば月極駐車場を使用する場合には、賃貸借契約書の写しなどでオーナーの許可が取れていることを示す必要があります。

スポンサーリンク

車庫証明を取るのに必要な書類とは

車庫証明を取るには、必要な書類を提出しなくてはなりません。書類が不足していれば、申請は通らないので、確認しておいてください。

自動車保管場所証明申請書

購入する車の情報や、保管場所について記入する書類で2通必要です。

親切なディーラーさんであれば、用意してくれることもあります。
自分で用意する場合は、

  • 警察署に行ってもらう
  • 警視庁のホームページでダウンロード

のいずれかの方法で手に入れましょう。

保管場所標章交付申請書

保管場所標章という、車体に貼るステッカーをもらうための書類です。
こちらも2通必要で、自動車保管場所証明申請書と記載する内容もほぼ同様。

警視庁のホームページに記載例があるので、参考にすればスムーズに記入できますよ。

保管場所の所在図・配置図

所在図と配置図をそれぞれ記入する書類です。

所在図には、車を保管する場所と周辺施設などを記載します。車を同じ場所で買い替える場合には、必要ありません。

配置図は駐車場の大きさ、入り口の広さなどを記載するものです。高さ制限などがある立体駐車場の場合は、正確な数字も記入しておきましょう。

保管場所使用権原疎明書面(自認書)または保管場所使用承諾証明書

保管場所が自分の土地の場合:保管場所使用権原疎明書面(自認書)
駐車場を借りる場合:保管場所使用承諾証明書

のどちらか一方が必要です。

また、保管場所使用承諾証明書には

  • オーナーの日付、住所、氏名、電話番号の直筆での記入
  • 捺印

が必須なのが大事なポイント。

すぐにオーナーに会えない可能性があるのであれば、事前にオーナーに相談しておくとよいでしょう。

自動車の使用者の住所を確認できるもの(運転免許証など)

使用者が申請する場合は、その場で免許証の確認をします。本人以外が申請する場合には、使用者の免許証のコピーを用意しておきましょう。

スポンサーリンク

車庫証明を取る手順を解説

車庫証明を取る理由や、必要な書類について理解したら実際に申請する手順を確認しましょう。

手順1. 必要な書類を用意して記入する

まずは上記で説明した書類を準備して記入してください。警察署に行けば手に入りますし、記入の仕方に不安があれば教えてもらうのもいいですね。

手順2. 警察署に行って申請する

書類の準備ができたら警察署に行きましょう。

その際に、

  • 印鑑
  • 手数料(約3,000円)

が必要なので持参してください。

手順3. 3~7日後、警察署で書類の交付を受ける

申請をしてもその場で許可が降りるわけではありません。
3~7日間かかるので、間をあけて再度行くようにしましょう。

事前に警察署に電話して確認するのがおすすめです。

スポンサーリンク

車庫証明にかかる費用はどのくらい?

車庫証明にかかる費用は地域にもよりますが、およそ3,000円程度です。

内訳としては、

  • 保管場所証明申請書の手数料:約2,100円
  • 保管場所標章交付申請書:約500円

です。

代行をお願いすると上記の金額に5,000円〜10,000円、業者によってはさらに高額を請求されてしまいます。

スポンサーリンク

車庫証明をとるときの注意点とは

自分でも取れる車庫証明ですが、念のため以下のことに気をつけると安心です。

駐車場の費用がかかるのは、保管場所証明に書かれた日付から

駐車場の費用は納車した日からだと勘違いしてしまう場合が多いです。
しかし実際には納車してなくても、保管場所証明に書かれた日付から費用が掛かります。

納車よりもかなり前に車庫証明を取ってしまうと、無駄な料金が発生しかねません。

納車してくれる業者と、駐車場のオーナー双方とコミュニケーションを取りながら、大きなズレがないように進めるのがコツです。

混雑する3月などは、車庫証明がとれるのに時間がかかる

車庫証明が取るのに3〜7日間が必要だと説明しましたが、3月にはさらに時間がかかる可能性があります。

3月と4月は1年の中でも車の登録が多く行われる時期です。そのため、車庫の申請も多くの人がすることになります。

そのため3月〜4月に手配する場合は、あらかじめ時間がかかることを想定しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は車庫証明の取り方や注意点などについて説明しました。
無駄な手数料を節約するためにも、ぜひ自力で車庫証明を取ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました