ライフスタイルに合った車種を紹介!自分にぴったりな1台の見つけ方

スポンサーリンク
車選び車のメンテナンス

「車をほしいけど、詳しくないのでどんな車を選んでいいか分からない」

実際、メーカーや車種はたくさんあるので店舗を回って検討するのは大変ですよね。
ディーラーさんのセールストークをずっと聞いていると疲れてしまうことも想像できます。

そこでこの記事では、そんな車選びのお悩みを解決します。

簡単に読めて、具体的にどんな車が自分に合うのかイメージできるようになるはずです。
やみくもに探すよりも、グッと楽になりますのでご一読ください。

スポンサーリンク

車選びの基準を決めておこう

車以外にも言えることですが、何かを選ぶときには選択の基準をもっていなければ迷い続けてしまいがちです。

車にも様々な特徴がありますので、まずは基準を意識するとよいでしょう。

具体的には、

  • 値段(コストパフォーマンスの良さ)
  • 見た目の好み
  • 安全性の高さや運転しやすさ
  • 乗車定員
  • 雪道なども走れる機能性
  • 荷室のサイズ

などでしょうか。上記の中でもとくに何が自分にとって大事なのか考えておくとよいです。
値段の安さを重視したいのであれば、単純に安い車から検討していくことをおすすめします。

コストパフォーマンスを気にするのであれば、売却する際の値段(リセールバリュー)などを調べておくとお得な車種を見つけることが可能です。

見た目を一番に考えるのであれば、ひたすらカタログや写真をみてお気に入りの車を見つけるという手もあるでしょう。

以下では、上記のような基準やライフスタイルを加味したおすすめの車種をご紹介します。

スポンサーリンク

主婦には、安全性と運転しやすやを重視した軽自動車がおすすめ

主婦であれば、安全性と運転しやすさが魅力の軽自動車を選ぶことをおすすめします。

運転に慣れていなかったり、子供を乗せる可能性があったりするはずなので安全性はとくに大事にしたいですよね。安全性をより高めるために運転しやすさも意識したいところ。

また、家の駐車場には旦那さんの車もあることを考えるとサイズの大きくない軽自動車の方が便利です。

車種としては、日産のデイズやスズキのワゴンRをおすすめします。

デイズは自動ブレーキなどの安全機能が充実しているほか、軽自動車では珍しいSOSコールなどの機能があります。

また、ワゴンRは安全機能なども備えている割には安いです。

どちらも操縦性が高いので、運転が得意でない主婦でも十分に使いこなせるでしょう。

スポンサーリンク

大学生には、コスパと見た目を重視したコンパクトカーがおすすめ

掛けられるお金にそこまで余裕のない大学生には、コンパクトカーをおすすめします。

大学生であれば、友人を乗せる機会もあるはずなので軽自動車では物足りないし、見栄えも気にしたいですよね。

そんな方にはスズキのスイフトやトヨタのアクアなどの車種がおすすめです。
とにかく安い車種をという方にはスズキのアルトも候補に入れるとよいかもしれません。

スイフトやアクアは、5人乗りなので充分ほかの人も乗せられます。また、見た目も安くは見られないようなデザインです。

スイフトのハイブリッドの価格は、ハイブリッドの中では格安なのでお得感があります。アクアはLグレードであれば、200万円以下で38.0km/Lという低燃費さが魅力です。

アルトは軽自動車なので人数を乗せることはできませんが、安く新車を購入できます。
新車で80万円代というのは他の軽自動車でも中々ありません。

スポンサーリンク

3~4人家族には燃費と安全性を意識したコンパクトカーがおすすめ

家族で出かける機会も多めの方には、居住性と燃費のよいコンパクトカーがおすすめです。

子どもや友人を乗せて遠くまで出かけるシーンを考えると、2列目シートの快適さも大事ですよね。仮に仕事や趣味で大きな荷物をのせることがあるのであれば、荷室の大きさも重要です。乗る頻度や走行距離も増えそうですし、燃費も考えたいところ。

そんな方にはトヨタのプリウスや日産のノートといったコンパクトカーがおすすめです。
荷物の量が気になる方は、トヨタのカローラフィールダーなどのステーションワゴンもよいかもしれません。

プリウスは居住性が高くゆったりと2列目も座れるほか、走行中の音がとても静かなのでお子さんもぐっすり眠れるはず。

ノートは車のサイズの割に荷室が広くとってあるので、大き目の荷物があるときも安心です。また、e-powerグレードの燃費は素晴らしいのでガソリンを入れる手間が減り、感動する人も多いですよ。

カローラフィールダーは、荷室が広く設計されているので仕事用の荷物も積めますし、ゴルフバッグも収納可能です。

スポンサーリンク

5人家族にはコスパと居住性を重視したコンパクトミニバンがおすすめ

5人家族で6人以上が乗る可能性のある場合には、コンパクトミニバンがおすすめです。

5人家族であれば、普段は3列目のシートを使う必要がないので通常のミニバンだとややもったいないですよね。

そんな方にはトヨタのシエンタやホンダのフリードといったコンパクトミニバンをおすすめします。

2車種とも通常のミニバンほど高額でもありませんし、乗り心地もよいです。安全装置も充実しているので、安心感もあります。

ぜひ6人以上を乗せるケースのある方は、コンパクトミニバンを検討してみてください。

スポンサーリンク

6人以上の家族には安全性の高いミニバンがおすすめ

普段から6人以上が乗る場合には、ミニバンを選択するのが無難でしょう。
せまくなりがちな3列目も、ゆったり座ることができます。

選択肢が多めにありますが、とくに日産のセレナやトヨタのノアがおすすめです。
より高級感がほしい方はトヨタのアルファードも検討すべきでしょう。

セレナは最新の安全装置がついていますし、燃費もミニバンの中でかなりよいです。
ノアはやはりトヨタブランドのミニバンですので、売却時に高値になりやすいのがよいところ。

アルファードは、VIPの送迎車にもよく使われるほど高級感が魅力の車です。シートなどの内装も豪華にできるオプションがあるので、余裕のある方はぜひ楽しんでみてください。

スポンサーリンク

独身男性にはステータスもアピールできるSUVがおすすめ

独身男性でお金に余裕のある方には、SUVなどがおすすめです。人気も高級感もあるので、友人や女性を乗せるにもぴったりなはず。

好みの車種を選んでもよいのですが、高い売却額も期待できるトヨタのハリアーやマツダのCX-5などがお得感もあっておすすめできます。

ハリアーは新車でグレードにもよりますが、約300万円〜400万円です。購入後5年で約50,000km走行したとしても200万円近くで売れることが多いです。

そのため、高級感があって実際に高値の車でもトータルコストはかなり抑えることができます。

CX-5もマツダの東南アジア等でのブランド戦略が上手くいっていることから、売却額が上昇する可能性が高いです。300万円以上はする車ですが、将来性も考えれば充分よい買い物になるでしょう。

※売却額については海外の相場や、規制の影響を強く受けるため確実なものではありません。

スポンサーリンク

寒冷地や雪道での走行もするのであれば、スバル車やジムニーがおすすめ

東北や北海道などで雪道を走行する方には、スバル車やスズキのジムニーがおすすめです。

4WDでタイヤも冬用にしておけばある程度は対応できますが、安全性や雪道での操作性をできる限り高めたいですよね。

スバル車の中でもレガシィのアウトバックはとくにおすすめで、雪道での性能が高いです。
悪路でもブレーキや駆動力をコントロールしてくれるX-MODEがあるのが魅力的ですね。

軽自動車で価格も抑えながらオフロードも走れるのがスズキのジムニーです。雪道だけでなく山道などで使用する方も多く、アウトドアが好きな方も満足できるでしょう。

スポンサーリンク

自分に合った最高の1台を見つけよう

いかがでしたでしょうか?
今回はライフスタイル毎の車の選び方について紹介しました。

車選びの際に、参考にしていただけたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました