新型コロナウイルスで免許更新業務が休止!免許証の期限はどうなる?

スポンサーリンク
運転免許更新はがき運転免許証

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大し、様々な活動・営業を自粛、停止しているなか、いくつかの都道府県で運転免許の更新業務も休止しています。

では、この間に運転免許の期限がきてしまう人はどうすればいいのでしょうか。

この記事では、運転免許証の更新期限が過ぎてしまった方や、今まさに過ぎてしまいそうな方に向けて、免許更新の方法や免許証の期限延長方法をご紹介します。

スポンサーリンク

運転免許の更新業務休止地域

緊急事態宣言に伴い、警視庁(東京都)は2020年4月15日から運転免許の更新業務及び高齢者講習を休止しています。

また、4月16日、17日からは、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県でも、同様に休止しています。

スポンサーリンク

免許更新はどうすればいいか

免許更新業務が休止中に更新期限がくる方、新型コロナウイルスの感染の恐れで更新できない方については、「更新時期を過ぎてしまいそうな方」と「既に更新時期を過ぎてしまった方」とで取るべき対応が異なります

以下では、警察庁及び警視庁の発表を元に、免許更新の対処法をご説明します。
他の地域でも基本的には同様の対応が取られますが、詳しくは免許証更新場所の警察本部へご確認ください。

スポンサーリンク

免許更新の時期を過ぎてしまいそうな方

更新期限が過ぎてしまいそうな方は、事前に一定の手続きを行うことで、免許更新期限後3ヶ月間は運転を続けることができます。
ただし、延長手続きを行わなければ、免許は失効しますので、ご注意ください。

この延長手続の対象者は、免許証の更新期限が令和2年3月13日~7月31日までの間である方です。
たとえば、更新業務が中止されてからの更新ハガキには、この画像のように上部に案内が書かれています(クリックで拡大できます)。免許更新 お知らせ

なお、既に延長手続きをした方でも、延長後の期限が上記期間内であれば、再度の延長が可能です。
また、延長した3ヶ月のあいだに、通常の更新手続きを改めて行う必要があります。

免許の期限延長手続きは、主に2つの方法があります。

  • 郵送
  • 窓口

郵送で延長手続きをする方法

郵送での延長手続きは概ね以下の流れです。

  1. 必要書類を運転免許本部へ郵送(各地域の警察が出しているお知らせに送付先が記載されています)
  2. 申請が受理されると免許証に貼るためのシールが送付される
  3. シールを受領したら免許証裏面の備考欄に貼付する

郵送で手続を行い、送付されたシールのサンプルです。
免許証の裏に貼るとこのようになります。

免許証 シール

手続に必要な必要書類は、以下の3つです。

  • 各地域の警察のサイト等でダウンロードできる「更新手続開始申請書・郵送依頼書」
  • 更新連絡はがきの写し(ある人のみ)
  • 返信用封筒

更新手続開始申請書には、免許証のコピーを貼ります。原本を送らないよう注意してください。

また、返送方法は普通郵便や書留など、自分で選ぶことができます。希望の方法に応じた切手を貼りましょう。
例えば、普通郵便での返送を希望する場合は84円分、書留郵便(配達証明)の場合は839円分を貼ります。

定形郵便ではなく、大きい封筒など定形外郵便の場合は料金が変わりますので、郵便局等でご確認ください。

窓口で延長手続きする方法

窓口での延長手続きの場合、シールではなく、裏面に直接延長期日などが記載されます。

各地の運転免許試験場、運転免許更新センター、警察署で手続きすることができます。
この場合、費用はかかりません(返信用封筒が不要なため)。

必要書類は免許証と更新ハガキ(ある人のみ)ですが、代理人による申請も認められています。
代理人が申請する場合は以下の必要書類を揃えましょう。

  • 申請者本人の運転免許証
  • 更新ハガキ(ある人のみ)
  • 代理人の身分証明書
  • 更新手続開始申請書・委任状
スポンサーリンク

既に免許更新の時期を過ぎてしまった方

既に更新時期を過ぎてしまった方も、免許失効から3年以内で、かつ新型コロナウイルス拡大の終息から1ヶ月以内であれば、学科・技能試験を受けずに再取得が可能です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

新型コロナウイルスで失効しても更新できる?試験免除再取得の条件
世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルスCOVID-19、暫くは外出を控えるという方も多いかもしれません。 しかし、ちょうど免許の更新時期だった、更新ハガキがきてる、という場合はどうすればいいのでしょうか。 この記事では、免許失効後...
タイトルとURLをコピーしました