免停とは?免許停止になる違反点数と期間、違反後の流れ

スポンサーリンク
交通違反・点数・罰金
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「免停」という言葉自体は、ニュースなどでもよく耳にする言葉ですので、知っている方も多いかと思います。しかし、具体的にどのような場合に免停になるのか、免停になった場合どうしたらよいのかについて正確に理解している方は多くはありません。

免停になった場合の流れや不利益を知ることで、免停にならないように気を付けて運転することにつながるかもしれません。

今回は、免停になった場合の流れについて詳しく解説します。

スポンサーリンク

免停とは

免停とは、自動車の運転を一定の期間禁止させる行政処分のことをいいます。

交通事故や交通違反をした場合、違反点数が加算され、累計点数が一定の点数になると免停の処分を受け、免停期間の満了日まで自動車の運転が禁止されます。

なお、交通違反をした場合に「点数を引かれた」という表現をすることが多いため、違反点数が減点方式だと誤解している方が多いですが、正確には加点方式です。

スポンサーリンク

免停の点数と期間

(1)免停基準

免停になる点数と免停期間は、過去3年間の「違反点数」の累計と「前歴(過去に受けた免停等の行政処分)」の回数によって決まります。

免停基準となる過去3年間の前歴の回数に応じた点数と免停期間は、以下のとおりです。

免許停止
過去3年間の前歴免許停止期間
30日60日90日120日150日180日
なし6~8点9~11点12~14点
1回4~5点6~7点8~9点
2回2点3点4点
3回2点3点
4回2点3点

(2)累積点数を調べる方法

軽微な違反を繰り返している場合、自分の違反点数がどの程度累積されているか忘れてしまうこともあります。まだ大丈夫だろうと気を抜いていると、いきなり免停という事態になるかもしれません。

そのような場合は、最寄りの警察署か自動車安全運転センターで、「累積点数等証明書」を取得し、累積点数を確認しましょう。

(3)累積点数がリセットされるケース

以下の場合は、累積点数がリセットされます。

  • 1年以上無事故無違反の場合
  • 免停や免許取消処分を受けた場合(ただし、前歴の回数はカウントされます)
  • 過去2年間違反をしていない人が3点以下の軽微な違反をし、その後3か月間違反をしなかった場合
スポンサーリンク

免停中に運転してしまうと?

(1)免停中の運転

免停処分を受けると一定期間免許の効力を失うことになりますので、免停期間中に自動車を運転すると無免許運転になります。

(2)無免許運転の処分内容

無免許運転の場合、違反点数は25点で、刑事処分として「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が科されます(道路交通法64条、117条の2の2第1号)。

免停中の無免許運転は、無免許運転の違反点数25点に免停の理由となった違反点数が加算されることになります。

例えば、前歴のない方が違反点数6点で免停処分となり免停期間中に自動車を運転した場合、無免許運転の違反点数25点が加算され、違反点数は31点となります。免停処分は前歴にカウントされますので、前歴1回の違反点数31点は、欠格期間3年の免許取消処分となります。

免許取消
過去3年間の前歴欠格期間
1年2年3年4年5年
なし15~24点25~34点35~39点40~44点45点以上
1回10~19点20~29点30~34点35~39点40点以上
2回5~14点15~24点25~29点30~34点35点以上
3回以上4~9点10~19点20~24点25~29点30点以上

 

スポンサーリンク

免停になる違反をしてからの流れ

免停になる違反をしたとしても、直ちに免停処分になるわけではありません。違反をしてから免停になるまでの具体的な流れは、以下のとおりです。

(1)ハガキ又は封書が届く

免停になる違反をした場合、違反をしてから1週間から1か月程度で、「行政処分出頭通知書」というハガキ又は封書が届きます。行政処分出頭通知書には、「免停期間」、「出頭指定日」、「出頭場所」が記載されていますので、指定された日に指定された出頭場所に行かなければなりません。

免停期間が90日以上となる人に対しては、行政処分出頭通知書のほかに「意見の聴取通知書」というものが届きます。意見の聴取とは、違反内容についての弁明の機会を与えられるもので、違反内容についての言い分がある場合は述べることができます。弁明の内容が相当なものであれば、処分の内容が軽減される可能性もあります。

なお、行政処分出頭通知書や意見の聴取通知書が届いたとしても、まだ免停処分になったわけではないので、自動車は運転できます。

(2)出頭・免許証の返納

行政処分出頭通知書に記載された指定場所に出頭し、免許証を返納した時点から免停期間がスタートします。指定日に出頭することが難しい場合には、事前に連絡をすることによって変更をすることもできます。
指定場所まで自動車を運転して行ってしまうと、帰りの運転は無免許運転になってしまいますので、注意してください。

(3)停止処分者講習

指定場所に出頭した当日に、停止処分者講習を受けることができます。停止処分者講習の詳細については、以下で説明しますが、この講習を受講することにより免停期間を短縮することができます。

(4)免許証の返還

免停期間が満了した場合、免許証の返還を受けることができます。免許証の返還を受ける際には、「運転免許停止処分書」が必要になりますので、忘れずに持参しましょう。

スポンサーリンク

免停期間を短縮させるには?

(1)停止処分者講習とは?

停止処分者講習とは、免停処分を受けた人が受講することができる講習のことです。停止処分者講習を受講することによって、免停期間を短縮することができます。
例えば、免停期間30日の人が短期講習を受けた場合、最大で29日間の短縮を受けることができます。この場合、停止処分者講習を受講した翌日から自動車を運転することができるようになります。
停止処分者講習は、免停期間に応じて、以下の3種類に分類されます。

講習の種類対象者(免停期間)成績別短縮期間講習時間講習料金
短期講習30日29日25日20日6時間(1日)11,700円
中期講習60日30日27日24日10時間(2日)19,500円
長期講習90日45日40日35日12時間(2日)23,400円
120日60日50日40日
150日70日60日50日
180日80日70日60日

なお、停止処分者講習の成績は、「優」が85%以上の得点、「良」が70%以上の得点、「可」が50%以上の得点とされており、成績によって短縮される期間が異なります。

(2)停止処分者講習の内容

停止処分者講習では、適性検査、運転シミュレーター、教本による講義、実車運転を行い、最後に筆記試験(考査)が行われます。

ア 適性検査

機器による適性検査と筆記による適性検査が行われます。
機器による適性検査は、測定機器を用いて、動体視力、夜間視力、視覚刺激反応の検査をします。
筆記による適性検査は、心理テストや性格診断により、受講者の運転傾向の検査をします。
適性検査の内容は、成績には影響を与えることはありませんが、自分の安全意識や運転傾向を知る良い機会になります。

イ 運転シミュレーター

教習所でも体験した運転シミュレーターを利用して、危険な状況での運転を疑似体験します。運転シミュレーターは、自動車の陰から子供が飛び出してきたり、左折時の巻き込みなど交通事故が起こりやすい状況での運転を体験し、その結果を踏まえて指導がされます。
なお、運転シミュレーターで事故を起こしてしまったとしても、成績に影響はありません。

ウ 講義

教本が配布され、座学による講義が行われます。講義の内容は、以下のとおりです。

  • 現在の道路交通事情や交通事故の状況
  • 交通事故被害者の惨状や加害者が追う社会的責任
  • 安全運転についての知識と心構え
  • 実践的な安全運転の方法や道路交通法の知識

最後に行われる筆記試験(考査)では、この講義の内容から出題されますので、よい成績をとりたいと考える方は、よく聞いておくことが重要です。なお、講義中の態度も成績に影響することになりますので、講義中の居眠りやスマホの利用は控えるようにしてください。

エ 実車運転

受講者が保有する免許の種類に応じた車両を使用し、試験場のコースを実際に運転します。
実車運転の内容は、試験場によって異なりますが、加速・減速などの対応、見通しの悪い交差点での対応、ハンドル操作などを見られることになります。
クランクやS字型道路などの走行は、普段やることがないのでうまくできないかもしれませんが、実車運転の内容は、成績に影響することはありません。

オ 筆記試験(考査)

最後に正誤式(〇×式)の筆記試験を行います。制限時間は20分で、問題数は40問あり、満点は42点です。問題内容は、運転時の基本的な心構えが中心であり、細かい知識を聞かれるものではありませんので、講義を真面目に受けていれば、問題なく対応できます。
この筆記試験の成績によって、短縮期間が決まることになりますので、集中して解きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

自動車は、仕事や日常生活に欠かせない移動手段です。免停処分を受けてしまうと、仕事や日常生活に多大な支障を生じ、場合によっては、仕事を失うかもしれません。処分者講習を受けることで免停期間が短縮できるとはいっても、免停処分となることは避けたいものです。
軽微な交通違反であっても、その積み重ねにより免停処分を受けることもあります。普段から交通ルールを守り、安全運転を意識し、免停処分とならないように気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました